スポンサーリンク

Newsレポート トレイルランニングギア

アスレシューズハイバウンス 

投稿日:



アスレシューズハイバウンスで走ってみた

お店で試着時の感想

注目のソールですがぶ厚くて触ると意外に柔らかい感覚。試着した感じも柔らかく最初はちょっとクニュっとしてるので多少慣れが必要だと思いました。

サイズは日本人の足幅にあうように3Eみたいです。靴の素材自体に伸縮性があるようで多少の融通は利きそうです。

靴紐と通し穴の部分が少ないので縛って調整が少しやりにくい仕様です。あくまで靴の伸縮で包み込んで締める感じですね。多少スリッポンに近いかもしれません。

インソールはぺらっぺら(笑)

自分の足サイズは25.5cmですが店頭に26cmしかなかったので多少迷いましたが、履いた感じ心地よかったのとインソール足して調整すればいいやと思い購入しました。

ダイソーのインソールぴったり

今使っているインソール入れてもでもいいんですが、サイズの問題があるのでとりあえずダイソーさんでスポーツインソール購入。

2000円の大台に乗りました(笑)

結果的にかなりよかったです。

画像のインソール24.5~27サイズ(自分で切り抜き用)ですが調整しなくても26cmのハイバウンスにぴったり嵌ります、ほんの少しインソールのほうが大きいですが足を入れるとピッタンコです。

難点はもともと足高のハイバウンスに+インソールなので足高高になったことですが、慣れるとそれほど気になりませんし元のインソール引っぺがしてから入れてもいいと思います(接着剤で真ん中だけくっついてます酷いものです)

ということで走ってみた

フワッとした跳ねるような感覚で前傾姿勢になるとジャンプするような感じでけっこうガンガン進みます。そのぶんある程度衝撃もあるので足裏は厚底でカバーできますが膝のほうにそれなりの負担が掛かりそうです。

まあスピードが出てのダメージなのでやや歩幅を意識しながら走ればいいんだと思います。慣れの問題でどの靴でも替え始めはこんなもんではないでしょうか。

それから走ってから気づいたのですが、カカトの部分が浮きやすい。

ヒールカップっていうんですかね?、そこがやや緩めに作ってあるのかな。履くときはズボっと履きやすいものの靴紐のカバー範囲の問題もあり締りがないです。

そこんとこちょっと残念ですね。

下りが楽

坂に関しては登りはそれほどではないですが下りは明らかに楽になりました。

自分がデブいのもあるんでしょうが、下りが下手ですぐバタバタ走りになってしまって足底が痛くなるんですが、さすがの厚底シューズで足底ダメージがかなり低減されています。

結論としては

耐久性はまだわかりませんが、コスパ考えたら履かない選択肢がありませんね。

ハイバウンスともう1.2足を交互に履くと足への負担も靴への負担も減っていいのではないでしょうか。

スピード重視よりユッタリ走りにあいそうなので、どちらかというと足が出来上がっているベテランランナーより、ダイエット目的の人や怪我持ちの人のほうが相性がいいと思います。

お盆あたりに長距離を走ってみようと思っているので、またそのときにレビューしてみようと思います。

その後、何回かジョグってますがハイバウンスばかりはいています。やっぱり負担が少なく楽な気がします。





-Newsレポート, トレイルランニングギア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

shippuyaku03

湿布薬 アレルギー2

モーラステープを貼ってみた 前のページ 今回痛いのは膝ですが、画像に撮りやすいように足の甲にも貼りました。 まず結果ですが前回のアレルギー体験が10年以上前なのと、ヘタレなので半日で湿布を剥がした(太 …

hanayagura01

吉野山散策

平日にお休みを頂けたので、屋外ということもあり吉野山の桜狩りに行ってきました。 今年は例年になく、というより吉野開山以来かもしれないほど桜の開花が早く奥千本より手前はすでに葉桜が大半でしたが、それでも …

kutsuhimo01

ヒールロック

ほどけにくい靴紐の結び方 ヒールロックという靴紐の結び方ご存じでしょうか。 ようは解けにくい結び方で非常に簡単。 ハイカーやランナーにとっては「常識じゃないの?」という感もありますが、NHKの情報番組 …

rokko04

甲山、六甲山を走る 後編

コースマップ 前編はこちら コロナ再拡大で暫く市街地は走れなさそうですね。 鷲林寺から観音山へ 歳のせいか中一週間開くと何書いていたか忘れてしまいます。 北山貯水池からのつづきになります。 甲山から道 …

manganji02

プペル美術館と川西市を走る 後編

実走マップはこちら 阪急山本駅から多田神社まではハイキングコースになっています 多田街道自体は幹線道路として開発されていて史跡を除くと歴史的な面影はほとんどなくなっていますが、多田神社からの戻り(地図 …