スポンサーリンク

Newsレポート あるある記事

六甲山(裏六甲)から百丈岩と鎌倉渓制覇・後編

投稿日:

裏六甲で予想以上に体力と時間を使ってしまい、後半の有馬~百丈岩はいろいろな面で巻いていかざるを得ないにもかかわらず、ここも結構な難所が・・・ということで後編です。

マップはこちら




有馬温泉から有馬街道を行く

年末ということもあり有馬温泉街は流石の賑わい。

左側の軒下は「足湯」その奥に「金の湯」があります。

有馬のメインロードですね。

2021 arima03

そのまま下って行くと神鉄有馬温泉駅 12:40

2021 arima05

2021 arima04

有馬から百丈岩を目指す場合はここからスタート、県道と途中から国道176に並走している有馬街道を北上します。

微妙な下り坂の舗装道路ということもありランニングには最適ですが、西宮山口インター前後の1kmほどは車道と合流しているので車に注意。

それにしても神戸や宝塚の奥が西宮市なのはいつも違和感を感じます。

2021 arima06

有馬街道は栄えたとはいえませんが、歴史ある田舎の街並みです。

2021 arima09

時間が押しているのとここしか走るところが無いので、トレランの名に恥じぬよう頑張って小走りしていましたが、足が吊りそうになりました。

有馬街道を4kmほど直進し大沢西宮線を横断、さらに3kmほど直進して176線と有馬川を横断します。

途中、中国高速道をくぐった先の176と有馬川の向こう側にある名来神社奥から鎌倉渓に抜けた人もいるようですが、どうみても行き止まりだと思います。

遠くから写真だけ撮りました。

2021 arima11

176号線と有馬川を越えたところで有馬街道から分かれて、右手側に東進。

舗装道路からコンクリ道路に変わり登りきったところが突き当り。

左折すると百丈岩、右折すると登山道から鎌倉渓のしっぽ(厳密には頭)に出ます。

なんだか急速に雲行きが怪しくなってきました。

2021 kamakurakyou01

百丈岩・鎌倉渓・静ヶ池

本来、道場駅から百丈岩、鎌倉渓を一周する場合は鎌倉渓方面から時計回り、もしくは百丈岩・静ヶ池から反時計回りで一周するのが通常のコースなので、当初は左折して百丈岩から順路に沿って行こうと考えていました。

ただ今回は時間がないのと、画像を見てもらえれば分かるように雲行きがかなり怪しく雨が降りそうだったので、右折して鎌倉渓→百丈岩→静ヶ池と一筆書きで名勝だけ回る時短ルートを取ることにしましたが、これは結果的に正解でした。

左折するとすぐ登山道に入り、なだらかに下りながらも徐々に水場が多くなってきます。

船坂川の分岐でJR道場・鎌倉渓方面に左折します。

右折すると平田牧場から静ヶ池ですが山道だけなので見どころも少ないみたいです。

2021 kamakurakyou04

ここから鎌倉渓

2021 kamakurakyou20

最初こそ緩やかな河原でしたが途中から大岩や奇岩がゴロゴロ。

沢渡や側壁のへばりつき個所も複数あり、沢の脇道ではなく直に沢登となるので増水時はかなりの難所(というか増水時は普通に滑って溺れます)

2021 kamakurakyou07

岩肌にへばり付きながらカニ移動、滑ると確実にドボンです。

2021 kamakurakyou10

岩飛びも本来は楽しいんでしょうが、足が限界なのと微妙にポツポツ雨が来ているので滑りやすいうえ、ドボンするとカメラや携帯がおしゃかになる恐怖感(笑)

2021 kamakurakyou12

一番苦労したのが最後(道場側から来ると最初)の難所

2021 kamakurakyou15

渡り終えてから撮ってますが(カメラ曇っててすいません)

パット見どう行けと?という箇所が複数あります(あくまで濡れずに)

しかし、よく見るとこんな感じで目印が付いていたりします。

見にくいですが、画面中央やや上にうっすら赤い矢印があります。

2021 kamakurakyou14

ちなみにこの矢印は道場方面から鎌倉渓遡行(北上)の矢印なので、今回の南下の場合はより目印などが見にくいので、ルート選択を考える練習にもなりますね。

ということで鎌倉渓をクリアして最後の百丈岩に向かいます。

民家の脇を抜けて進むと百丈岩の標識があるのでそちらに進みます。

15:15 百丈岩分岐

2021 hyakujyouiwa01

2021 hyakujyouiwa04

クライミングポイントまで行きたかったのですが、雨がヤバそうだったので諦めて一般コースを登ります。

ここが本日最後の登り。

百丈岩直登ではないですが、急勾配なので登りはほぼ鎖場です。

2021 hyakujyouiwa07

ただ腕の力で登れるので、足が限界にきている身としては助かりました。

途中で百丈岩の全容が眺望できますが、凄いですね。

写真では遠近感が分かりにくいのが残念です。誰かクライミング中ならよかったんですが。

先っちょの松の木目指して進みます。

2021 hyakujyouiwa09

鎖場を登り切ればあとはダラダラと稜線を登るだけで到着です。

2021 hyakujyouiwa11

松にザイルやカラビナが結び付けてありますが、これ以上覗き込むきにはなりません。怖すぎます。

ここだけみると、「大台ケ原山の大蛇嵓」や「大峰山の西ののぞき」にも匹敵する恐怖感があります。

この名勝が駅からわずか一時間足らず、大阪中心からでも二時間足らずで行けてしまうのは凄いと思います。

そのまま山頂を通り過ぎていくつか分岐や標識をみちなりに進むと静ヶ池。

2021 hyakujyouiwa14

名前通り静かな池です。

空も明るくなってきました。

右に折れると平田牧場から鎌倉渓、左に曲がるとJR道場方面。

当然、左です。

緩やかな下りが続くので元気ならRUNポイントですが、そんな力はありません。

途中で道が広がって消えかけますが左側面に沿って歩いていけばOKです。

右側は新名神高速の柵で行き止まります。

2021 hyakujyouiwa16

新名神まで出ればあとは道沿いなんですが、最後に落ちがありました。

突き当りでグーグルマップでは右直進の道があるので、草で潰れていたものの突っ込みましたが、その先の道路で潰れていました。

2021 hyakujyouiwa17

2021 hyakujyouiwa19

戻るのも面倒なので乗り越えて駅まで行きましたが、正面に錆たチタン工場が。

こういうの好きなんです、絵になりますよね。

2021 hyakujyouiwa21

工場の裏がJR道場駅なので外観を堪能しながらのゴールでした。

16:46 JR道場駅

2021 hyakujyouiwa23






-Newsレポート, あるある記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

tanzanjinjya03

吉野・談山・石上

前々回の吉野山の続きです 奥千本で桜満開、下千本で金峯山寺と世界遺産を満喫したもののお花見には遅すぎたので早めに下山して地図を眺めていると、車で20分ほどのところに談山神社があるじゃあーりませんか(チ …

neyagawawalk21

ツール・ド・大阪 寝屋川ウォーキングコース さとコース

続いて、「さとコース」です。 マップはこちら かわコースの続きで炎天下の中10時過ぎにスタートしたので文字通り死にそうになりました。 というわけでかわコースと同じスタート位置の寝屋川駅の桜木町駐輪場か …

rokko04

甲山、六甲山を走る 後編

コースマップ 前編はこちら コロナ再拡大で暫く市街地は走れなさそうですね。 鷲林寺から観音山へ 歳のせいか中一週間開くと何書いていたか忘れてしまいます。 北山貯水池からのつづきになります。 甲山から道 …

Pikmin Bloom blue02

ピクミンブルーム 青色エキス・青花びらの集め方

8/7更新 ついに青花100万本突破しました。 集め方などこちらのほうに簡単にまとめて更新したのでご覧ください。 5/22更新 朗報です 5/21よりビッグフラワー及びチャレンジキノコがチューリップに …

osaka5run

大阪五低山巡り 東部

大阪五低山とは 大阪市内に位置する御勝山、聖天山、茶臼山、帝塚山、天保山の五山を指して五低山。 宰相山、昭和山を加えると七低山。 さらに、堺市の蘇鉄山と鶴見区の鶴見新山を足すと九低山になります。 知っ …







  • 夏風邪たまにジョギング より