スポンサーリンク

Newsレポート あるある記事

紫蘇ジュース

投稿日:

梅雨の中晴れの今週ですが足のケガに祟られまくったので、通勤以外はゴロゴロしている今日この頃です。

そして梅雨になると青果店やスーパーに出回るのが赤シソ。

一般的には梅干しや紅生姜を漬けるのに使うのですが、昔からジュースとして飲料用にも利用されてきました。

シソジュースは栄養豊富で水分補給や夏バテにもってこい。

これも毎年なんですが家の庭に勝手に生えてくる半ば雑草と化した赤シソを使って自家製シソジュースを作ります。

shiso01

さすがに雑草状態では大きく成長しないので引っこ抜いて植え替えます。




シソジュースの作り方

自分の好みの分量で作るのが手作りの醍醐味なので、たとえば酸味が好きならクエン酸を多めに入れたり、クエン酸の代わりにレモンや柚子の果汁を使ったり。

長期間日持ちさせたければ濃度を倍に濃くしたり、など工夫できるので色々工夫してみるのがいいと思います。

では、「今回」の作り方

赤シソ・・・・・・・・ 300g

水・・・・・・・ ・・ 1ℓ

ポッカレモン・・・・ 100cc

(クエン酸だと25gほどかな)

砂糖・・・・・・・・ 500g

これでだいたい3倍濃縮ほどのジュースになります。

では作っていきましょう。

まず茎から葉っぱを千切って多少きつめにモミ洗いします

スーパーなら汚れも少ないですが、路地シソなので土などが付いてます。

賞味期限が近いポッカレモンが家にあったのでクエン酸ではなくポッカレモンを使いました。

クエン酸なら少々高いですが食用を使ってください、掃除用は抵抗あるでしょう(笑)

砂糖も普通の砂糖とキビ糖の残りを混ぜて使ってます(こんな感じで自由に作りましょう)

shiso02
shiso03

赤シソを水1ℓで煮出します。

煮出す時間は本やサイトによってまちまちなんですが、私は沸騰後10分ほどジックリ煮出してます。

shiso04
shiso05

火を通すと赤シソが青シソに変わります。

煮出し後、ザルに上げて粗熱を取ったあと葉っぱの絞り汁も鍋に戻します。

風味も栄養も抜けてしまった青シソはゴミ箱へ。

赤シソ汁の中に砂糖を入れて再度火にかけます。

沸騰したらポッカレモン(クエン酸)を入れますが、ここが本日のメインイベント。

濁った赤が透き通ったルビー色に変化して、シソ汁からシソジュースに進化します。

shiso06
shiso07

鍋では見にくいのでグラスに取りました。

shiso08

あとは粗熱を取ってペットボトルなどで冷蔵庫で保存すれば一ヶ月は持ちますし、熱々を耐熱ペットボトルにもっと濃度を濃くしたやつを保存すれば半年以上持ちます。

濃縮なので、飲料用以外にもジャムの代わりに使えるのでヨーグルトにかけたりしてもオイシイです。

時期的に6~7上旬しか赤シソは売ってないので、是非作ってくださいね~。





-Newsレポート, あるある記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

kutsuhimo01

ヒールロック

ほどけにくい靴紐の結び方 ヒールロックという靴紐の結び方ご存じでしょうか。 ようは解けにくい結び方で非常に簡単。 ハイカーやランナーにとっては「常識じゃないの?」という感もありますが、NHKの情報番組 …

Self-Reference ENGINE

読書遍歴 円城塔

物理学系作家 ポスドクでは食っていけないから作家になった変わり種。 芥川賞選考で受賞作が石原慎太郎を激怒、離席させた人。 まぁ石原御大が激怒する気持ちもわからないではない、というより実験的ともいえる手 …

hanshinshimanami24

大阪神戸マラソン~阪神しまなみ海道を走る~後編

後半のメインである阪神しまなみ海道は鳴尾浜、甲子園浜、西宮浜、芦屋浜、深江浜の人工島を阪神高速5号湾岸線の歩道橋でつないでいます。 マップはこちら 前半、大阪市役所~鳴尾浜はこちら このうち西宮浜と芦 …

hanayagura01

吉野山散策

平日にお休みを頂けたので、屋外ということもあり吉野山の桜狩りに行ってきました。 今年は例年になく、というより吉野開山以来かもしれないほど桜の開花が早く奥千本より手前はすでに葉桜が大半でしたが、それでも …

toyonaka (5)

ツール・ド・大阪 とよなかウォーキングコース

桜の季節にコロナリハビリを兼ねて豊中ウォーキングコースを歩いてきました。 マップはこちら 豊中市ホームページ(pdfマップあり) 豊中北東部・千里中央周辺を遊歩道や公園中心に一周するコースです。 公式 …







  • 夏風邪たまにジョギング より